Twilight Ocean Blog

好きなアニメやイベント、キャラクターのことまで色々な内容で自由気ままに記事を書いてます。

芸能人はカードが命!20

皆さん、おつか~!

 

今回は3日前に蒲田の大田区産業プラザPiOで開催された芸カこと『芸能人はカードが命!20』に関する記事です!

 

今回の芸カが行われた大田区産業プラザPiOは去年の3月に行われた『芸能人はカードが命!15』以来の会場である。その時の芸カでは私はとあるアイカツ仲間の1人でサークル参加をした人の売り子を初めてやっていたのである。

f:id:akira_forte:20191007202422j:plain

芸能人はカードが命!20

f:id:akira_forte:20191007202246j:plain

f:id:akira_forte:20191007202204j:plain

今回の芸カ20の会場となった大田区産業プラザPiO

私は芸カに関しては筐体のカード交換のために参加していましたが、先月末に私がアイカツ筐体を引退したことで参加する理由と目的がなくなってしまったため、ひとまずは今回が最後の芸カの参加となりました(芸カに参加をし始めたのも筐体を始めた頃と全く同じ時期です)。

今回はメインの同人誌販売が1階で、カード交換コーナーとコスプレ広場が2階と分かれていたため、会場に到着してから撤収するまではずっと2階のカード交換コーナーに居座っていました。

今回の会場の最寄り駅は京急蒲田駅だったが、私が横浜駅に到着する前のタイミングで京急こと京浜急行電鉄人身事故で運転見合わせになるという、タイミング的にキレたくなるタイミングで京浜急行が使えなくなってしまったため、行きは仕方なく迂回ルートとしてJR京浜東北線を使って蒲田駅まで行ってそこから会場まで20分ほどかけて歩いていくことになってしまった(京急蒲田駅からなら5分足らずで行ける場所に会場がある)。そういったこともあり、私が会場に到着した時間は14時くらいとなった。

ちなみに今回の芸カの日はアニメ『アイカツオンパレード!第1話の放送日と重なったということもあり私は家でアニメ『アイカツオンパレード!』第1話を観てから会場に向かったのである。

会場に着くと即座にカード交換コーナーに行き、在庫処分セールと称して余りのカードを広げてその隣には同時に配るお菓子を入れたハロウィンのカゴを置いて待機するという形を終始、とっていた。

16時30分頃には一緒に行動していたアイカツ仲間と共に芸カの会場を離脱して、残ってしまった余りのカードを処分するために一部のメンバーと共に復旧していた京浜急行に乗って京急蒲田から京急川崎に移動してラゾーナ川崎プラザに向かった。なぜラゾーナ川崎プラザに行くのかというとラゾーナ川崎内にあるnamcoには交換ボードがあるため、残ったカードを置いてくる場所にうってつけだからだ。

f:id:akira_forte:20191008203613j:plain

交換ボードに残りのカードを置いてきたラゾーナ川崎プラザnamco

その後はアイカツ湾岸部オンパレードの顧問の方とも合流して、そこからその方の車に乗せてもらう流れとなり、そこから大黒ふ頭にある大黒パーキングエリアに行くことになった。私はアイカツ湾岸部オンパレードのメンバーではないものの、ここ最近はその活動の同行をする機会があるため、今回もその流れで同行する形となった。

 

大黒パーキングエリアとは

大黒パーキングエリア首都高速最大のパーキングエリアである。大黒ジャンクションに併設されており、大黒ふ頭出入口を除く全方向からの出入りが可能である。 大黒ジャンクションの各方向から入ることも、本PA出場後に向かうことも可能なため、本牧ジャンクション改良前は、湾岸線幸浦方面と神奈川3号狩場線石川町方面を行き来する方法として大黒パーキングエリア折り返しが行われていた。 駐車スペースが広いために、自家用車乗り合いの待ち合わせ場所として利用されることも多く、休日には施設内に人が少ないのに駐車場は満車というケースも発生している。このためエリア内には、本来の休憩目的でない長時間駐車の自粛を呼び掛ける垂れ幕が掲げられている。

珍しいスーパーカースポーツカーの他、VIPカーローライダーバニング等のカスタムカー暴走族チューニングカーの集う場所として利用されることが多い。現在は違法ローダウン車の進入を防ぐための工事が施され、段差などがある。また金曜、土曜の深夜は近隣音響対策のため利用が規制される。しかしローライダーの進入は未だに続いている。簡単に言うと車好きの人にとって聖地と呼べる場所、それが大黒パーキングエリアである。

f:id:akira_forte:20191008220340j:plain

大黒パーキングエリア

そういったことから今回は日中はアイカツ!シリーズ関係のイベントに参加して、夜はアイカツ湾岸部オンパレードの活動に参加するという、アイカツ!シリーズ関係と車関係2つのコンテンツを1日で経験することになった。

帰りはラゾーナ川崎プラザから大黒パーキングエリアまで車に乗せてくれた人に横浜駅まで乗せていってもらって、そこから電車で帰ってその日は終了になった。

アイカツスターズ!感謝祭

皆さん、おつか~!

 

今回は9月29日(日)日本青年館ホールで行われた『アイカツスターズ!感謝祭 We are STARS』に関する記事です。

 

アイカツスターズ!感謝祭 We are STARS』は『アイカツスターズ!』という作品自体がかなりの人気作品であるにも関わらず、キャパが1250くらいしかない日本青年館ホールという会場だった。そんなキャパの場所であったためチケットの入手が今までのライブの中では一番困難なレベルだったため、抽選に全落してしまい『アイカツスターズ!』に感謝したくてもできない難民が大量発生したまま本番を迎える形となった。私もその例に漏れず、自身で抽選応募したチケットは全落してしまったため今回ばかりは参加を諦めていたのだが、Twitterで私のフォロワーさんが余りのチケットがあるという救いの声を掛けてくださり、夜公演だけ参加することができた。

ちなみにこのアイカツスターズ!感謝祭は難民が大量発生していることを受けて公式からのせめてもの情けなのか、リアルタイム配信もされていた(それができるならもう少し大きいキャパの会場でイベントをやるとかできたのではないか、と思ったのは私だけじゃないはず…)。

f:id:akira_forte:20191004123856j:plain

日本青年館ホール

 

ここで今回のアイカツスターズ!感謝祭の出演陣をリストアップしていこうと思う。今回の出演陣はこのようなメンバーであった。

[歌唱担当]
せな、りえ、みき、ななせ、かな

 

今回のアイカツスターズ!感謝祭は私が推しているネオ・ヴィーナスアーク(Neo Venus Ark)キャラクターの声優陣4人(日笠陽子江口菜子藤原夏海前田佳緒里)が揃って出演するということもあり、ネオ・ヴィーナスアークを推している者として何としてでも参加したかったのである。

だからこそ当日はネオ・ヴィーナスアーク勢としてエルザ フォルテ様と騎咲レイちゃん、花園きららちゃん、そして双葉アリアちゃんのキャラクターうちわを持っていったのだ。

f:id:akira_forte:20191004124212j:plain

ネオ・ヴィーナスアークのキャラクターうちわ

 

今回のアイカツスターズ!感謝祭は前半が声優陣によるトークパート、後半が歌唱担当によるミニライブパートと分かれていた。まずは前半のキャストトークパートからの感想を覚えている限りで記載していこうと思う。

出演陣を見てもらうとわかるのだが、M4はリーダーである結城すばる役の八代拓さんが今回はスケジュールの関係で不在だったのだが、他の3人や日笠さんに不在であったにも関わらず弄られていたシーンが多々あった。

トークパートは津田さん日笠さんの2人が司会進行で、他の声優陣はサイコロを振って出たテーマの話をするという、どこぞのお昼にやっていた某ごきげんようを彷彿とさせるやり方でトークを展開していく形であった。私が参加した夜公演の時はアフレコの時に出番ではない声優陣がスタジオの廊下でだるまさんがころんだ人狼ゲームをよくやっているという、アイカツスターズ!の声優陣同士の仲の良さがわかる話になっていた。そこまでは良い。問題はここからだ。

あろうことか、その話から日笠さんが「それじゃあ、皆でだるまさんがころんだをやろうぜ!」と言い出して津田さんが「今、ここでやるんですか!?」とツッコミを入れるという事態が発生。そして日笠さんを筆頭に登壇している声優陣全員で本当にだるまさんがころんだを始めてしまったのである。ちなみに鬼は日笠さんの指名で津田さんがやることに(この時、半ば無理矢理、鬼に指名されたことで「全員転べば良いよ…」とボソッと言っていた津田さんでした)。

まさか、アイカツ!シリーズのイベントで声優陣全員がだるまさんが転んだをやっているところを見ることになるとは思っていなかったため、トークパートは笑いが止まらなかった記憶がある。ちなみに最後まで生き残って優勝したのは主人公補正が発動していたのかどうかはわからないが、虹野ゆめ役の富田美憂ちゃんであった。

その後は今回のイベントの開会宣言をした『アイカツスターズ!』の監督である佐藤照雄監督も少しだけトークに参加することになり、サイコロで振って出た「驚いた話」をする時に「『アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!』の時のM4の「僕らの奇跡」のリハーサルが驚くほど下手くそでした」という爆弾発言をしたことで、M4の声優3人から逃げるようにしてステージから走っていなくなったシーンは笑いをこらえきれなかった。

f:id:akira_forte:20191004123939j:plain

アイカツスターズ!感謝祭 夜公演ミニライブパートのセットリスト

ここからはミニライブパートでの感想。

ミニライブパートの始まりは『アイカツスターズ!』のライブといえば、これから始まるという定番のBGMである「SHINING ROAD」からスタート。このBGMを聴くとライブが始まる!という気持ちになれるため、最初から高まった記憶がある。

最初はどの曲から来るのかと思っていたら、第26代S4による「episode Solo」から始まった。エピソロはいきなりブチ上がる曲としては最高級の曲である。

※第26代S4のキャラクター自体はもちろん4人だが、かなちゃんが二階堂ゆずちゃんと香澄真昼ちゃんの2人の歌唱を担当しているため、歌唱担当のメンバーは実際は3人となる。

次の曲は昼公演のセットリストにはなかったが、私が『アイカツスターズ!』の全曲の中で1番好きな曲の1つである「裸足のルネサンス」をりえちゃんとななせちゃんがフルで歌ったのである。この曲が来た時は高まりすぎて膝から崩れ落ちそうになったが、なんとか堪えましたw

次に印象的だった曲は「スタートライン!」。この曲は虹野ゆめちゃんの歌唱担当であるせなちゃんと桜庭ローラちゃんの歌唱担当であるりえちゃんに加えて、ゆめちゃんの声を担当している富田美憂ちゃんとローラちゃんの声を担当している朝井彩加さんの4人での披露であった。この組み合わせはキャラクターの声優と歌唱担当の夢のコラボが初めて実現した『アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!』を思い起こさせるものがあった。ちなみに富田美憂ちゃんがゆめちゃんとして歌ったのは今回で2回目であるのに対して朝井彩加さんに関してはローラちゃんとして歌うのは今回が初めてだったため、初めてゆめちゃんとローラちゃんの声優さんと歌唱担当が揃ったことになった。

このコラボを受けてなのか、ラストのエンディングMCの時には歌唱担当の方とコラボして歌いたいと言っていた声優さんが何人もいたため、そのいつかの夢のコラボに期待である。

今回の『アイカツスターズ!感謝祭 We are STARS』は昼公演のミニライブパートのセットリストはネオ・ヴィーナスアークの曲が「Bon Bon Voyage!」だけだったようだが、私が参加した夜公演はこれに加えて「裸足のルネサンス」もあったため、個人的には当たりの方に参加できたため、チケットを譲ってくださった方には本当に感謝である。

 

アイカツオンパレード!放送記念!推しを語る~騎咲レイ編~

皆さん、こんにちは。

 

今回は先日、重大発表として発表された『アイカツオンパレード!』のキャラクター別の予告プロモーションビデオに私が『アイカツスターズ!』でエルザ様と同じくらいに推している騎咲レイちゃん編がアイチューブに公開されていたため、今回はそんなレイちゃんに対する愛を解説と共に語っちゃうぞ。


アイカツオンパレード!騎咲レイver.

 

☆騎咲レイとは

まず始めに、騎咲レイちゃんとは誰?どんなキャラクター?という初心者の方向けにまず騎咲レイちゃんとはどういう人物なのかを解説していこうと思う。最初はレイちゃんのプロフィールから紹介して、そこからキャラクターの概要を解説していく。

学年 中学3年生
身長 167cm
血液型 A型
誕生日 5月1日
好きなもの 和菓子、お寿司
特技 剣道、茶道
愛用のブランド Royal Sword(ロイヤルソード)
決め台詞 実に興味深い
アイカツシステム起動時の台詞 騎咲レイ、全ては、エルザのために!
スタープレミアムレアドレス使用時 さぁいくよ、もっと華やかに!
CV 藤原夏海
歌唱担当 りえ from AIKATSU☆STARS!

騎咲レイちゃんは『アイカツスターズ!星のツバサ編から登場した人物の1人。前回の記事で語ったエルザ フォルテ様がオーナー兼トップアイドルを務める豪華客船型アイドル学校ヴィーナスアーク」の生徒。中性的で王子様のような、カッコいい見た目の女の子で、エルザ様の秘書を務めている。ヴィーナスアークを取り仕切るしっかり者で、完璧な振る舞いと優しい微笑みで生徒を見守っている。エルザ様の右腕的存在、つまりヴィーナスアークのナンバー2のポジションがレイちゃんである。おまけにヴィーナスアークの生徒達がエルザ様と様付けして呼ぶことに対して、レイちゃんだけはエルザと呼び捨てしている。

自分自身はエルザのために存在していると思っており、エルザのためなら何でもすると公言するほど、エルザ様に心酔している。

f:id:akira_forte:20190829025929j:plain

エルザ様の秘書である騎咲レイちゃん

レイちゃんが所属している豪華客船型アイドル学校「ヴィーナスアーク」については前回のエルザ様編で紹介しているため、今回は解説を割愛させていただく。参考までに前回の記事のリンク先を貼っておくので、ヴィーナスアークの概要についてはこちらからどうぞ。↓

akira-forte.hatenadiary.com

プロフィールの特技にもある通り、レイちゃんは剣道を特技としておりアニメ中でも剣道を披露するシーンがある。そのため空手を得意としている香澄真昼ちゃんと異種格闘戦をすることもあるようだ。剣道着を着ているレイちゃんは本当にカッコいいが「剣道と空手で異種格闘戦をするといってもどういう勝敗の決め方をするのだろうか?」と思ってしまうのは私だけじゃないはず。

f:id:akira_forte:20190902005139j:plain

剣道着を着ているレイちゃん

☆シューティングスターとエルザ様との出会い

レイちゃんは真昼ちゃんに対して靴ズレや光の反射に関するアドバイスをしているシーンがあり、そのことから彼女はモデルだったのではないかと真昼ちゃんから思われているシーンがあるのだが、レイちゃんの正体はかつてアメリカで話題になったモデル『シューティングスター』なのだ。アニメ『アイカツスターズ!第60話で、レイちゃんはエルザ様と出会ってヴィーナスアークに乗る前までのことをこう話すシーンがある。

そのモデルは生まれつき多才で、努力しなくても様々なことをこなすことができた。まわりに勧められるままにモデルになって歓声とスポットライトを浴びていた時にエルザと出会った。エルザは彼女をモデルとして最低だと言った。そのモデルは衝撃を受けた。そんな風に言われたのは初めてだったから。そしてエルザのスカウトを受けた。エルザは道しるべ。最も強く美しく輝く一番星なんだよ

f:id:akira_forte:20190902004624j:plain

アメリカで話題になったモデル「シューティングスター」

レイちゃんとエルザ様が初めて出会った時はあろうことか、エルザ様がレイちゃんのことを「あなた、モデルとして最低よ」と罵倒したのである。初対面の人に対して開口一番に罵倒するエルザ様がかなり大した人物であるのだが、エルザ様に罵倒されて衝撃を受けるシューティングスター(レイちゃん)も大概ではある(そこでMと言ってはいけないよ)。その後にエルザ様は「私と一緒にいらっしゃい。あなたをパーフェクトにしてあげる」と言ってレイちゃんをヴィーナスアークに誘い、そこからレイちゃんはエルザ様についていって現在に至るのである。

そんなある意味、衝撃的な出会いを果たしたレイちゃんはヴィーナスアークに乗ることを決意する。エルザ様の元でレッスンを続けていたが成果がなかったところ、エルザ様のステージでの星のツバサを見て、彼女を支えることを改めて決意する。

f:id:akira_forte:20190902015023j:plain

エルザ様に罵倒されて衝撃を受けるシューティングスター

f:id:akira_forte:20190902014925j:plain

レイちゃんをヴィーナスアークに誘うエルザ様

☆ブランド「ロイヤルソード」と天王星の星のツバサ

モデル活動を再開し、アニメ第80話ではついに自分のブランドである「Royal Sword(ロイヤルソード)」を立ち上げたレイちゃんはブランド発表会でエルザ様のためだけにステージをすることを宣言。これによってステージの前にファンの間で不満の声が飛び交ったが、そんな不満の声という逆風をものともせずにレイちゃんはエルザ様への公開プロポーズという名のエルザ様への想いを口にして「Royal Sword(ロイヤルソード)」のスタープレミアムレアドレスであるイノセントプリンスコーデを着て「裸足のルネサンス」を披露する。このブランド発表会ではエルザ様だけをVIP席に招待するという破格の待遇をしていたこともレイちゃんらしいというか何というか。

この時のステージを初披露したレイちゃんは「友のために逆境を甘んじて受けるという誓い」により星のツバサを出現させ、天王星の星のツバサを獲得することになった。これが9つ目…つまり最後の星のツバサであったため、これをきっかけに星のツバサが全て揃ったのである。このステージを終えた後にレイちゃんはステージ衣装のままエルザ様の元へ飛んでいき、こんなやりとりをする。

エルザ「言いたい放題言って、あなた…世界を敵に回すつもり?」
レイ「必要とあらば…嵐をも恐れないアイドル海賊に付いて行くにはそれくらいの覚悟が無いとね」
エルザ「いらっしゃいレイ。私が夢を叶える瞬間を見せてあげる!」

このシーンを見て、エルザ様にどこまでも一途なレイちゃんに私は惚れてしまい、彼女も推すことに決めた。『アイカツスターズ!』において、エルザ様一筋だった私の推し増しの瞬間である。

f:id:akira_forte:20190909233043j:plain

ステージを披露した後にエルザ様のところに行き、太陽のドレスはエルザにこそ相応しいと言うレイちゃん

☆「裸足のルネサンス」の曲と歌詞に対する個人的解釈

レイちゃんのソロ曲には「裸足のルネサンス」があるのだが、この曲はまさにレイちゃんがエルザ様のために歌詞を作り、彼女の盾となり剣にもなるという誓いを示すために歌った曲であると言えるだろう。

この曲はアニメ第83話でリリエンヌこと白銀リリィちゃんと一緒に披露したことがあり、そのため音源はレイちゃんのソロバーションとレイちゃんとリリエンヌのバージョンの2パターンが存在している。そのため、レイちゃんとリリエンヌの2人では歌詞を送っている対象の人物が異なるという解釈ができる。

自分の夢の意味が わからないままでは だいじなひとの夢を守れはしないとそう 気付いた」の歌詞にある「だいじなひと」というのはレイちゃんにとってはエルザ様であり、リリエンヌにとっては大事な幼馴染みである二階堂ゆずちゃんのことであることがわかる。レイちゃんとエルザ様の間には忠誠、リリエンヌがゆずちゃんの間には友情と両者間に存在する感情も異なっているところも注目すべき点であると言いたい。

この「裸足のルネサンス」はアイカツ!シリーズのクールタイプの全ての曲の中で曲調と歌詞共に最強の曲であると思っている。前回のエルザ様の曲の時も同じようなことを書いたが、アイカツ!シリーズのセクシータイプで最強の曲だと思っている曲は「The only sun light」で、クールタイプではこの「裸足のルネサンス」と信じて疑わない。

f:id:akira_forte:20190909234736j:plain

アニメ第83話にてリリエンヌと共に「裸足のルネサンス」のステージを披露するレイちゃん

アイカツ!ランキング決勝トーナメントとヴィーナスアークの危機

アニメ『アイカツスターズ!』の終盤のメインテーマとなるアイカツ!ランキング決勝トーナメント

ヴィーナスアークのオーナー兼トップアイドルであるエルザ様は母親から構ってもらえないことによる孤独が原因で半ば暴走してしまい、太陽のドレスを手にした後に選出された「アイカツ!ランキング決勝トーナメント」で優勝したらアイドルを引退し、ヴィーナスアークを解散するというヴィーナスアークの生徒達の意向を完全に無視した宣言を出すところまで行ってしまう。それが原因でヴィーナスアークには不穏な空気が漂い、ヴィーナスアークを辞めようとしている生徒まで出てしまうことに。そうはさせないと、レイちゃんは花園きららちゃん双葉アリアちゃんと共に生徒達を説得するのだが、なかなか想いが届かない。

そこでレイちゃんはヴィーナスアークを辞めようとしている生徒達に辞めないように懸命に呼び掛けたり士気を上げたりする等、自分にできる限りのことをしてからアイカツ!ランキング決勝トーナメントの1回戦で主人公である虹野ゆめちゃんとの対決に挑む。この時のレイちゃんの「裸足のルネサンス」のステージは今までのステージに比べるとレイちゃんの本気が見られるステージであった。

f:id:akira_forte:20190911224915j:plain

アイカツ!ランキング決勝トーナメントで本気のステージを披露するレイちゃん

この対決でレイちゃんはゆめちゃんに負けてしまうものの、アニメ第93話アバンタイトルにもなっている「光の剣」で結果的にヴィーナスアークの生徒達の信頼を得ることとなった。このシーンで自身が光の剣となれたレイちゃんは「ありがとう」と言って綺麗な涙を流すのだが、レイちゃん推しである私はレイちゃんが涙を流したタイミングで涙が流れた記憶がある。エルザ様の時もそうだったが、アニメ『アイカツスターズ!』の終盤は推しの2人に泣かされた私である(ここでレイちゃんが勝てなかったのは、ゆめちゃんの主人公補正があるからだとか、決勝はゆめちゃんとエルザ様の対決になるからということは、言ってはいけないよ)。

f:id:akira_forte:20190911215313j:plain

アニメ第93話で、ゆめちゃんとの対決後に綺麗な涙を流すレイちゃん

☆最後に

来月から始まる『アイカツオンパレード!』には、私がここまで語ってきたレイちゃんももちろん登場するようなので、そこにも注目して観てほしいと思う。

レイちゃんはアニメ最終話のエピローグではエルザ様と出会う前のシューティングスター時代の時のように髪を伸ばしていたが『アイカツオンパレード!』では髪の長さがどうなっているのか、気になるところではある。

f:id:akira_forte:20190911231715j:plain

アニメ最終話のエピローグの時のレイちゃん

この記事を最初から最後まで読んでくれた方はこの記事を読んだことがきっかけで、騎咲レイちゃんに対する好感度が上がったり、見方が良い方向に変わってくれていたら幸いである。

アイカツオンパレード!放送記念!推しを語る~エルザ フォルテ編~

ごきげんよう、皆さん。アイカツ!新時代の夜明けよ!

 

今回は先日、重大発表として発表された『アイカツオンパレード!』の予告プロモーションビデオに私が『アイカツスターズ!』で最推ししているエルザ フォルテ様が登場しており、さらにはそんなエルザ様バージョンのプロモーション動画もアイチューブに公開されていたため、今回はそんなエルザ様に対する愛を解説と共に語っちゃうぞ。


アイカツオンパレード!エルザ フォルテver.

 

☆エルザ フォルテとヴィーナスアーク

この記事を読んでくれている人でエルザ様のことがわからない人がいるかもしれないので、まず始めにエルザ フォルテとはどういう人物なのかを解説していこうと思う。最初にエルザ様のプロフィールから紹介していく。

学年 中学3年生
身長 163cm
血液型 AB型
誕生日 8月1日
好きなもの ステーキ、チーズ
特技 歌、乗馬
愛用のブランド Perfect Queen(パーフェクトクイーン)
決め台詞 結構なことね
アイカツシステム起動時の台詞 ドレスが私を強くする
スタープレミアムレアドレス使用時 私こそが、パーフェクト!
CV 日笠陽子
歌唱担当 りさ from でんぱ組.inc


まずエルザ様を解説する上で避けて通れないのが、ヴィーナスアークの存在である。そこで次はヴィーナスアークに関する解説を少ししようと思う。エルザ様は『アイカツスターズ!』2ndシーズン、つまり星のツバサ編から登場した人物の1人。豪華客船型アイドル学校ヴィーナスアークのオーナー兼トップアイドルであり、モナコ公国の王位継承権を持つ、本物のプリンセス。ブランドやドレスの知識が豊富で、世界に輝く実力の持ち主。自身の持つブランドは「パーフェクトクイーン」。とある目的のため、世界中の優秀なアイドルをスカウトして回っている。声を担当しているのは『戦姫絶唱シンフォギアシリーズのマリア・カデンツァヴナ・イヴ役や『アイカツフレンズ!』の天翔ひびき役等で有名な日笠陽子さん。歌唱担当はでんぱ組.incのリーダーである、りさこと相沢梨紗さん。

f:id:akira_forte:20190825020137j:plain

豪華客船型アイドル学校ヴィーナスアーク

ヴィーナスアークは星のツバサ編から登場する、エルザ フォルテがオーナー、執事のじいやが船長を務めるアイドル学園。巨大な豪華客船を校舎として使用し、世界中の有能なアイドルをスカウトして世界を廻っている。公募は全くなく、エルザ様のスカウトあるいは承認のみで入学できる。所属アイドルのプロデュースも基本的にヴィーナスアークのオーナーであるエルザ様が行っている。成果が上がらない場合はアリス・キャロルのように退学を勧告されるほどのプロ意識の高さがある。世界中を廻っているが、星のツバサ編開始時点のアニメ第51話では白鳥ひめを手中に収めんとするエルザ様の意向で日本に来航した。

f:id:akira_forte:20190826211950j:plain

エルザ様の初登場シーン

初登場時にヴィーナスアークの甲板に立って「ごきげんようジャパン!アイカツ新時代の夜明けよ!待っていなさい世界中のアイドル達。このエルザ フォルテが、全てを奪う!」の台詞と共に初登場するシーンはまさに衝撃的であった。このシーンが印象に残っている人は非常に多いのではなかろうか。

しかし、ひめちゃんからはスカウトを丁重に断られ、そのひめちゃんを手に入れる材料として主人公である虹野ゆめちゃんを引き入れようと企んでいる。この時の台詞「あなたを奪いに来たわ」は非常に印象的。その後にステージを披露したのだが『アイカツスターズ!』のドレスでは今までになかったツバサがついているドレス、つまりスタープレミアムレアドレスを披露したのである。

f:id:akira_forte:20190826232348j:plain

星のツバサを用いてステージを披露するエルザ様

スタープレミアムレアドレスとは、プレミアムレアのさらに上のレアリティドレス。翼の形状をしたスタープレミアムの証が付いているのが特徴。冥王星を含めた太陽系惑星をモチーフにした9種+衛星1種が存在する。スタープレミアムの証は宇宙上の太陽系の惑星をモチーフにした証で「星のツバサ」とも称される。アイカツシステムに認められたドレスのみが得られるのだが、エルザ様はアニメ中では一番最初に披露している。エルザ様は「先頭を走る者の重圧と誇り」により金星のスタープレミアムドレスを所持している。

この星のツバサは他のアイドル達がアニメの劇中で手にしていく描写があるなかで、エルザ様は本編開始時から所持していたということもあり、どのようにして金星の星のツバサを手にしたのかは現在にでも不明となっている。

そんな星のツバサは全部で9つあり、エルザ様はそんな星のツバサを手にすることができる優秀なアイドルを探しに来るために日本にやってきたのだ。その星のツバサが9つ揃うと、太陽のドレスが出現するということで、最終的にその太陽のドレスを自分が入手する計画を図っていたのである。

そんなエルザ様はステーキが好きで、ヴィーナスアークで日本に来航してからは日本に存在するブランド牛のステーキを毎朝のように食べているシーンが存在する。毎朝のようにビーフステーキを食べていたのは自分の好物だからという以外にちゃんとした理由があり、自身が思う最高にパーフェクトなブランド牛である「エルザビーフ」の開発するためだったということがアニメ第97話で明かされている。

f:id:akira_forte:20190828232210j:plain

ステーキを食べるエルザ様

 ☆「Forever Dream」「The only sun light」の曲と歌詞に対する個人的解釈

エルザ様のソロ曲には「Forever Dream」と「The only sun light」の2曲がある。この2曲はエルザ様の心情や意思が描かれている曲であると私は解釈している。

まずは「Forever Dream」に対する解釈から。エルザ様は「パーフェクトエルザ」「アイドル海賊」等の呼び名で世界最高のアイドルと言われてはいるもの「私でさえ知らない 私に出逢いたいの Dreams Will Come True 時に困難でも この想いが 叶うと信じている」の歌詞から「今の自分の現状に決して満足せず、更なる高みを目指す」という彼女の意思の表れを感じさせる曲が「Forever Dream」である。強さの中にどこか儚さが入っている曲調が先述したことをまさに物語っていると私は解釈している。

The only sun light」はついに太陽のドレスを手にした時にエルザ様が披露した曲である。「Forever Dream」の時にあった儚さの部分がなくなり、強さだけが歌詞にも曲調にも残ったこの曲は「たとえ孤独になろうとも、私こそが唯一無二の太陽となり、皆の道を照らそう」というエルザ様の非常に強い意思を感じさせる曲となっている。

このステージの時に炎と光と共にパーフェクトクイーンのスタープレミアムレアドレスであるブルーミングクイーンコーデが太陽のドレスであるエターナルクイーンコーデにスタープレミアムチェンジする演出はまさに圧巻だった。

余談だが、私はアイカツ!シリーズのセクシータイプの曲で最強の曲はこれであると今でも思っている。私がエルザ様を推していることによる愛のフィルターが掛かっていると言えるのかもしれないが、それでもアイカツ!シリーズ全体で考えてもセクシータイプの曲でこの「The only sun light」の強さを超えられる曲は未だに存在しないとすら思っているほどだ。

f:id:akira_forte:20190829182024j:plain

f:id:akira_forte:20190829182100j:plain

ついに太陽のドレスを手にした時のエルザ様

☆太陽のドレスとエルザの母親についての解説と個人的解釈

前述した太陽のドレスをエルザ様が手に入れようとする理由には彼女の母親の存在がある。エルザ様の母親は元トップアイドルであるユキエ・グレース・フォルテ。そんなユキエさんはモナコ公国の公妃であることもあり、アイドルを引退した今でも多忙な日々を送っている。エルザ様はそんな母親から構ってもらえず、自分がパーフェクトな世界一のアイドルになれば振り向いてもらえると考えた事がヴィーナスアークの設立や太陽のドレス入手計画のきっかけにもなっている。そんなエルザ様のお母様であるユキエさんの声を担当している声優は『美少女戦士セーラームーン』シリーズの主人公である月野うさぎ(セーラームーン)役や『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの葛城ミサト役で有名な三石琴乃さんである。

f:id:akira_forte:20190827000550j:plain

ユキエ・グレース・フォルテ

エルザ様はヴィーナスアークのオーナー兼トップアイドルで「アイドル海賊」「パーフェクトエルザ」の異名を持つ世界最高とされるアイドルであることは間違いないのだが、その一方で母親からの愛情に飢えた孤独な少女であるということを私は言いたい。エルザ様はお母様が多忙で構ってもらえないことで寂しさを感じている。それならば自分が母親と同じくらいのパーフェクトなアイドルになれば、振り向いてもらえるのではないか?と思い、かつてユキエさんも手にしていた太陽のドレスに目をつけて色々と努力する点は非常に健気であるといえるだろう。

エルザ様はアニメ第86話で求めていた太陽のドレスをついに手にするのだが、その回が「ブランドを持たない子に興味はない」「オーラを感じない」などと罵倒したが、後にスパイスコードのミューズとなり、火星の星のツバサを手にした桜庭ローラちゃんを徹底的に叩き潰すような形となってしまい、ローラちゃん推しの人を完全に敵に回す形となったこともあってエルザ様アンチが爆増してしまった回でもあるため、私はこの回でエルザ様が太陽のドレスを手にしたことを素直に喜ぶことができなかった。

母親から構ってもらえないことによる孤独が原因で半ば暴走してしまったエルザ様は、太陽のドレスを手にした後に選出された「アイカツ!ランキング決勝トーナメントで優勝したらアイドルを引退し、ヴィーナスアークを解散するというヴィーナスアークの生徒達の意向を完全に無視した自分勝手な宣言を出すところまで行ってしまう。

アニメ第95話にて、まさにパーフェクトといえる本気のステージを披露するものの孤立感があったことも要因してか、第96話の「アイカツ!ランキング決勝トーナメント勝戦で四ツ星学園の皆のバックアップや相手であるエルザ様ですらも輝かせるという意識から、太陽のドレスを手にした虹野ゆめちゃんに僅差で敗退して2位(準優勝)となった。この時に騎咲レイちゃん、花園きららちゃん、双葉アリアちゃんの3人がユキエさんを半ば強引に連れてくる形で会場に呼んでおり、エルザ様の前に花束を持って登場したユキエさんは多忙であったがために娘のエルザ様に構ってあげられていなかった自分のことを省みて、敗退してパーフェクトでなくなってしまったことを謝るエルザ様を抱きしめ「エルザは私にとってパーフェクトな娘よ」という声をかける。このシーンはエルザ様をずっと推し、愛してきた私にとっては涙なしには観られないシーンとなった。このシーンの時の私は「エルザ様が救われて、本当に良かった!良かったよぉぉぉ!」と泣きながら言っていた記憶がある。

これによって、エルザ様は「自身がパーフェクトなアイドルでい続けること」と「母親から構ってもらえないことによる孤独」からようやく解放されたのである。エルザ様アンチもこの回を機に完全消滅した。

f:id:akira_forte:20190828224034j:plain

アニメ第96話にて、ついに母親から抱きしめてもらったエルザ様

余談だが、このシーンがあった第96話みんなで輝く!」は放送日が2018年3月1日であり、その前日と前々日がアイカツ!シリーズの歌唱担当であるSTAR☆ANISAIKATSU☆STARS!アイカツ!シリーズから卒業した(?)『アイカツ!ミュージックフェスタinアイカツ武道館』が日本武道館で行われ、参加した皆が涙を流さずにはいられなかったアイカツ!シリーズの伝説となり、歴史に刻まれたライブの翌日に放送されたのだから、それによって私は3日連続で涙を流す形となった。

エルザ様の母親であるユキエさんが半ば無理矢理な形で会場に来ることになったのは、エルザ様のことを慕っている騎咲レイちゃん、花園きららちゃん、そして双葉アリアちゃんの存在があったから。この3人はエルザ様が突き放そうとも、彼女のことを慕い続けた末に彼女のために動いた。エルザ様は「自分は母親から構ってもらえないから孤独だ」とずっと思っていたために視野が狭まってしまっていたことでレイちゃん、きららちゃん、アリアちゃんという最高の仲間であり友達がすぐ側にいたことに気付けていなかったのだ。ユキエさんの言葉もあり、エルザ様は自分は孤独ではなく、本当は愛されていたということをそこでようやく気付くことができたのである。

 

☆ヴィーナスアークからネオ・ヴィーナスアークへ

アニメ第97話にて、エルザ様はそんな最高の仲間達と一緒に4人で初めての「Bon Bon Voyage!」を披露するのだが、その時のエルザ様が今までの呪縛から解放されたことで心からの笑顔になっていたことは今でも印象に残っている。

ステージ後、エルザ様は当初の予定通りヴィーナスアークの解散宣言を出すのだが、それだけでは終わらず、新たなアイドル学校「ネオ・ヴィーナスアーク」となることを宣言するのだった。今までのヴィーナスアークはエルザ様がスカウトしたアイドルしか乗船することを許可されなかったが、ネオ・ヴィーナスアークはアイドルになりたい人なら誰でもOK!という、どこぞのドリームアカデミーのような学校になったのである。

f:id:akira_forte:20190829005259j:plain

ヴィーナスアークの解散宣言をした後、新たにネオ・ヴィーナスアークになることを宣言するエルザ様

エルザ様は当初、アイカツ!ランキング決勝トーナメントで優勝したらアイドルを引退することを宣言していたが、結果はゆめちゃんに敗北して準決勝という形で終わってしまったため、これからアイカツを続けるのかどうするのかを悩んでいたが、今でもヴィーナスアークに入学を希望する人が絶えないことと、なによりヴィーナスアークの生徒達がエルザ様と一緒にこれからも一緒にアイカツしたい!と言ってくれていることで、アイカツを続けることにしたのだが、このシーンも涙なしには観られなかった。

ヴィーナスアークがネオ・ヴィーナスアークになった後、ゆめちゃん達に別れを告げて新たな航海とアイカツを求めてネオ・ヴィーナスアークは約1年間、滞在した日本をついに出航することになる。まさに第97話のアバンタイトルにもなっている「Bon Bon Voyage!」がピッタリな言葉となる新たな旅立ちとなった。

※ボンボヤージュ(bon voyage)は「良い旅を!」 という意味のフランス語で、bon=良い、voyage=旅という意味の単語からなり、見送りの際などの挨拶に使われる言葉である。

 

☆結論

ここまでエルザ様について解説してきて思ったことがある。それは『アイカツスターズ!』の本来の主人公であるゆめちゃん並みに語らないといけない重要なところが多いのだ。そこで私の解釈としては星のツバサ編の主人公は1stシーズンに引き続き、ゆめちゃんであることは間違いないのだが、エルザ様も主人公なのではないかという結論に至ったのである。

一見するとエルザ様はアイカツ!シリーズでは初めての悪役キャラに見えるものの、本当はもう1人の主人公であったのだと私は言いたい。

エルザ様はアイカツスターズ!星のツバサ編のメイン中のメインを張るキャラであり、星のツバサ編のテーマとなるスタープレミアムドレスを揃えることを促進するようにアイドル達に働きかけて、最終的にはついに自身が欲していた太陽のドレスを入手する。そんな自身は母親から構ってもらえないことで孤独を感じながらもアイカツしていって、最終的にはその母親から抱きしめてもらって、様々な呪縛から解放された末に最高の仲間が最初から側にいたことに気付くことができた。

つまり私が言いたいのは「アイカツスターズ!星のツバサ編はエルザ フォルテという1人の孤独な少女の物語でもあった」ということだ。

エルザ様のことを愛し、そして激推してきて今に至る私はアイカツスターズ!星のツバサ編を最初から最終話まで観て、上記のような結論に至っている。

f:id:akira_forte:20190819224229j:plain

アイカツオンパレード!』PVのワンシーン(一番右がエルザ様)

10月から始まる『アイカツオンパレード!』には、私がここまで愛と共に語ってきたエルザ様ももちろん登場すると思われるので、そこにも注目して観てほしいと思う。

この記事を最初から最後まで読んでくれた方はこの記事を読んだことがきっかけで、エルザ様に対する見方が良い方向に変わってくれたら幸いである。

BEST FRIENDS!スペシャルLIVE~Thanks⇄OK~

皆さん、おつか~!最近は少し外に出ただけでも汗が噴き出てくるくらいに暑いですな…💦

 

おとといはみなとみらいにあるパシフィコ横浜の国立大ホールBEST FRIENDS!のワンマンライブBEST FRIENDS!スペシャルLIVE~Thanks⇄OK~が行われましたね!今回はそれに関するレポートです!

f:id:akira_forte:20190819000513j:plain

今回のライブの会場となったパシフィコ横浜

今回のライブの会場は2年前の3月に『フォトカツ!presentsアイカツ!ミュージックフェスタ2017』が行われたパシフィコ横浜の国立大ホールだったため、2年前のライブにも参加していた私からすれば、久しぶりにアイカツ現場になったパシフィコ横浜の国立大ホールに帰ってきたという感じがした。

ちなみにこの日はパシフィコ横浜ではなんと4つのイベントが行われていた。それが以下の通りである。

  • 9:00~16:00 ちゃおサマーフェスティバル2019横浜会場1日目(展示ホール1FホールD)
  • 10:30~16:30  トミカ博 in YOKOHAMA(展示ホール1FホールB)
  • 16:30~20:30 第12回みなとみらい大盆踊り(臨港パーク)
  • 18:00~20:30 BEST FRIENDS!スペシャルLIVE~Thanks⇄OK~(国立大ホール)

 

この日はライブの開場時間までは時間があったため、昼に私のアイカツ!グループ仲間と集合して昼食を食べた後にみなとみらいを廻ることになった。みなとみらいは『アイカツフレンズ!』のアニメ中に登場していた場所が何か所かあるため、そこを中心に行くことでライブ前もアイカツしていた。場所としては『アイカツフレンズ!』のアニメ第11話告白はドラマチック!」で登場していた赤レンガ倉庫よこはまコスモワールドにある観覧車であるコスモクロック21の2ヶ所である。

f:id:akira_forte:20190818215219j:plain

赤レンガ倉庫

f:id:akira_forte:20190819223841j:plain

ライブ開場時間周辺のぷかり桟橋

みなとみらい巡りを終えてからはライブの開場時間となる17時にはパシフィコ横浜に来て、開演時間の40分くらい前には入場することができた。入場列に並んで会場に入る前までにグループ外の顔馴染みの方にも何人か遭遇することができた。

会場であるパシフィコ横浜の国立大ホールの中に入るとまず目に入ったのはフラワースタンド略してフラスタである。今回はBEST FRIENDS!初のワンマンライブということもあり、フラスタもなかなかの数とクオリティの物が設置されていた。

f:id:akira_forte:20190819215600j:plain

友希あいね役の松永あかねちゃん宛のフラスタ

f:id:akira_forte:20190819215731j:plain

湊みお役の木戸衣吹ちゃん宛のフラスタ

f:id:akira_forte:20190819215814j:plain

蝶乃舞花役の美山加恋ちゃん宛のフラスタ

f:id:akira_forte:20190819215923j:plain

日向エマ役の二ノ宮ゆいちゃん宛のフラスタ

f:id:akira_forte:20190819220033j:plain

リフレクトムーン(陶山恵実里&桑原由気)宛のフラスタ

f:id:akira_forte:20190819220218j:plain

ラブミーティア(田所あずさ大橋彩香)宛のフラスタ

f:id:akira_forte:20190819220438j:plain

春風わかば役の逢来りんちゃん宛のフラスタ

フラスタのイラストの中には私の顔馴染みのある方の描いたイラストもあり、フラスタを撮影しながらホールに入ったわけなのだが、今回はチケットの席がかなりの良席でなんと、1階席で尚且つ最前のすぐ後ろというステージがほぼ真ん前という位置だったのである。2年前の3月に行われた『フォトカツ!presentsアイカツ!ミュージックフェスタ2017』の時も2日目が1階席だったが、今回の時ほど前ではなかったため、席の位置に驚きながらも開演を待つことに。

f:id:akira_forte:20190819020958j:plain

f:id:akira_forte:20190819021034j:plain

『BEST FRIENDS!スペシャルLIVE~Thanks⇄OK~』セットリスト

ライブのセットリストとしては、このようになっていた。今回は初のワンマンライブということもあり、初披露の曲や衣装も盛り沢山というライブとなった。ここからはそれぞれの曲やMCの時の印象に残った出来事を覚えている限り書いていこうと思う。

 

まずは「Girls be ambitious!」を舞花ちゃん役の美山加恋ちゃんが歌った時は最初のoh oh oh…の部分は会場の皆が合唱することであたかもどこかのワールドカップのようになっていた。

次にわかばちゃんソロ曲の「この世界はすばらしい」は今まではわかばちゃんのスタイルドレスであるチェリーリンクコーデ風衣装しかなかったりんちゃんがなんとハミングリーフジュエリングドレスであるハミングトパースコーデ風の衣装を着て登場したのである。ジュエリングドレスの衣装がここで登場したことで、他のメンバーもこの後の曲で着て出てくるのではないかと予想ができた。

新衣装は「導かれて」でも初披露された。白百合さくやちゃん役の陶山恵実里さんがルナウィッチのプレミアムレアドレスであるノクターンナイトコーデ風の衣装を着て登場したのである。曲中の演出も相俟って、本当に月から来たプリンセスのように見えた。

次の「偶然、必然。」では白百合かぐやちゃん役の桑原由気さんがムーンメイデンのプレミアムレアドレスであるブライトムーンライトコーデ風の衣装を着て、キレッキレなダンスを披露しながらカッコよく歌って踊っていた姿が非常に印象的だった。

ここでMCタイムの時の話。リフレクトムーンの2人による「絆~シンクロハーモニー~」が終わった後のMCタイムではリフレクトムーン(陶山恵実里&桑原由気)とラブミーティア(田所あずさ大橋彩香)の2組がここのMCタイムを担当することに。

ここでは衣装の話になり、リフレクトムーンの2人はどのブランドのドレスを着てみたい?という話題になった時にまずは桑原さんが「やっぱり、女の子なので~シュガーメロディ!」といかにも女の子らしい可愛らしい発言をした後に陶山さんが「私はみおちゃんの、マテリアルカラーのドレスですね」と偶然にもピュアパレットの2人のブランドで一致した2人。そこで桑原さんが「それじゃあ、ここの2人でピュアパレットできるね!」と仲良く話していたシーンが印象的であった。

その直後に衣装にちなんで、木戸ちゃんが「カロン音頭」を歌いながらステージに登場し、その後ろからあかねちゃんが今回のグッズの1つとして販売されていたカロン法被を乗せた屋台を運んでくるというなんともシュールな絵となっていたw

木戸ちゃんが自らこのマカロン法被の宣伝をし、これが完売したということを言った後に「皆さんもどうぞ」と言わんばかりにピュアパレットの2人がリフレクトムーンの2人とラブミーティアの2人にもこのマカロン法被を半ば無理矢理、着せるというシーンがあった。

個×個」ではハニーキャットの2人が衣装チェンジをしてきて、美山加恋ちゃんはスパイシーキティコーデ風の衣装を着て、二ノ宮ゆいちゃんはプリティキティコーデ風の衣装を着て登場したのである。ハニーキャットのベストフレンズレアドレスの衣装は正直、予想していなかったのでこの衣装の初登場には驚かされた。

続いて、ドラマCDに収録されている曲である「Dear ALL FRIENDS!愛をこめて!」はタオルを振り回す曲だったようで、サビ部分では皆でタオルを振り回す楽しい楽曲になっていた。

プライド」ではラブミーティアの2人が新衣装を披露した。ラブミーティアのキセキのドレスであるラブデスティニーコーデ風衣装(田所あずさ)と、ソウルデスティニーコーデ風衣装(大橋彩香)がここで初披露。「プライド」は私がアイカツフレンズ!の楽曲の中で一番カッコいいと思っている曲でもあるため、生で聴いた時の迫力は相当のものだった。

そんな「プライド」が終わるとステージ上には誰も出てこない代わりにスクリーンになんとアイビリーブの2人(日笠陽子大西沙織)が映し出され「新たなるステージへ」がPVという形で披露されたのだ。

天翔ひびき役である日笠陽子さんはこの日、八王子で行われていた「劇場版トリニティセブン」のイベントとブッキングしていたため、こちらには来られなかったのだが、それがわかっていたためなのか、事前に撮っていたPVを流すことで、あたかもアイビリーブの2人もライブにいたという、なんとも粋な演出をしてくれたことは公式に感謝しかない。これによって全フレンズが見事に集合することができたライブが今回の『BEST FRIENDS!スペシャルLIVE~Thanks⇄OK~』であった。

ライブの最後には公式から前から予告されていた重大発表として、新アイドルである姫石らきちゃんを主人公に「アイカツ!」「アイカツスターズ!」「アイカツフレンズ!」のアイドル達が大集合する『アイカツオンパレード!』が10月からスタートすることがステージのスクリーンで発表された。このオールアイカツ的なものになるのではないかという予想は実は以前からできていたため、やはりそう来たか!という感想だったが、今回はそれだけでは終わらなかった。

f:id:akira_forte:20190819224203j:plain

f:id:akira_forte:20190819224229j:plain

アイカツオンパレード!

この『アイカツオンパレード!』の放送決定発表後、突如としてアイカツ勢にとってはお馴染みすぎるBGMである「芸能人はカードが命!ver.4」が流れた後にスペシャルゲストである、わか(霧島若歌)様せな(堀越せな)ちゃんがあかねちゃんと木戸ちゃん、そしてりんちゃんと共に登場して「アイドル活動!オンパレードver.」をフルで披露したのである。

そして『アイカツオンパレード!』の主人公である姫石らきちゃんを演じるのは『アイカツフレンズ!』において春風わかばちゃん役を演じていた逢来りんちゃんであることも同時に発表された。

今回の重大発表で10月からは『アイカツオンパレード!』が始まることがわかったため「アイカツフレンズ!」は9月末でアニメもDCD版も終了してしまうことが確定した。これによってBEST FRIENDS!のワンマンライブは今回の『BEST FRIENDS!スペシャルLIVE〜Thanks⇄OK〜』が結果的に最初で最後になってしまったわけだが、それだけに「アイカツフレンズ!」が始まってから今までの1年半を総結集したようなライブだったため、純粋に凄く楽しむことができた最高のライブだった。

 

芸能人はカードが命!19

皆さん、おつか~!気付いたら前回の記事更新から1ヵ月以上が経ってしまいました…

 

今回は『アイカツフレンズ!』のリフレクトムーンの2人(白百合さくやちゃん&白百合かぐやちゃん)の誕生日だった今月の9日にベルサール高田馬場で行われた『芸能人はカードが命!19』に関する記事です。

 

私は『芸能人はカードが命!』(以下:芸カ)には基本的に顔馴染みの方への挨拶回りと筐体勢とのカード交換がメインで来ているため、普通に開場してからの時間に現地に到着しました。

f:id:akira_forte:20190614011943j:plain

芸能人はカードが命!19

f:id:akira_forte:20190614011657j:plain

『芸能人はカードが命!19』が行われたベルサール高田馬場

添付写真を見てもらうとわかるが、サークル参加や売り子をしない一般参加者が入場できるのは12時からということを知っていたため、私は現地に12時ちょっと過ぎくらいに到着した。

今回は小田急東京メトロパスを家の最寄り駅で買っておいた関係上、芸カの会場近くの駅は西早稲田駅から降りることとなり、ちょうど到着時間が同じくらいのアイカツ!グループ仲間と合流してから現地に向かったぞ。

芸カの会場内ではまず、顔馴染みのフォロワーさんでサークル参加している方に挨拶回りをして、それを一通り終えたらカード交換コーナーに居座ってカード交換をするという感じであった。例年の芸カでも同じような動き方をしているのだが、これがなかなか楽しいために私の中での恒例行事となっている。今回は欲しいカードリストに淹れていた一部のカードも手に入れることができたので、カード交換をしてくださった皆さんにグラシアス!つまり、ありがとうございました!!(^▽^)

 

【芸能人はカードが命!19での私の当日の動き】

11時50分頃 西早稲田駅に到着、アイカツ!グループの仲間と合流

12時 会場に到着→入場

12時10分~13時30分 サークル参加している顔馴染みの方に挨拶回り

13時30分~15時30分 カード交換所に居座り、様々な方とのカード交換

15時30分 会場を撤収

 

この後は私が主催のオフ会を企画していたこともあり、芸カの会場に残っていてオフ会に参加するメンバーを全員、集合させてから一旦、高田馬場駅へと向かった。というのも、芸カには参加しないがオフ会には参加するメンバーが高田馬場駅で待っていたため、それに合流するためである。

オフ会の予約は19時からということもあり、秋葉原まで東京メトロを使って移動するところから始まる。芸カ後のスケジュールとしては大体こんな感じだった。

 

【芸カ19後の私のスケジュール】

15時40分 高田馬場駅にて、オフ会参加メンバーの全員と合流完了→東京メトロで移動

16時30分 秋葉原駅に到着。18時30分まで自由行動(私はちゃばら→ホビーステーション→Heyという動き方だった)

18時30分 秋葉原駅電気街口で再集合→オフ会の会場へ

19時~20時 芸カ19後のオフ会 in 須田町食堂 秋葉原UDX

20時以降 各自、自由及び解散

f:id:akira_forte:20190614021653j:plain

須田町食堂の須田町ハンバーグ

芸カ後のオフ会の場所は秋葉原UDX内にある須田町食堂 秋葉原UDXで行った。そのオフ会は私も含めて最終的に9人というメンバーになり、その9割が私のアイカツ!グループ仲間という感じだったが、新規の方も参加してくれたこともあり、なかなか楽しいオフ会となった。

改めまして、今回の芸カで私と会ってお話をしてくれた方も、カード交換をしてくれた方も、私主催のオフ会に参加してくださった方もグラシアス!つまり、ありがとうございました!!

 

 

みんなアイカツ!

皆さん、おつか~!

本日は令和に入ってから初めての記事です。平成が終わって今月から令和の時代が始まったわけですが、まだ年号が変わったという実感がない私ですw

 

今回の内容は令和時代に入ってから初めての『アイカツフレンズ!』のイベントが昨日、池袋のサンシャインシティにある噴水広場でTVアニメ/データカードダスアイカツフレンズ!』2ndシーズンOPEDテーマ「ひとりじゃない!/Be star」リリースイベント『みんなアイカツ!』が行われたから、その感想やレポートについての内容です。

 

今回のイベントも、いつものアイカツ!グループの仲間達と一緒に行ってきたぞ。イベントの開始時間が11時30分から、ということがあったため場所取りの関係上、参加できるメンバーには9時30分には池袋駅に集合という形にして、時間までに合流できたメンバー達と会場に向かったぞ(一部の寝坊してしまったメンバーは前回の時と同様、容赦なく置いていったが)。

f:id:akira_forte:20190512221620j:plain

サンシャインシティ 噴水広場

今回のイベントは珍しくトークイベントという形で、ゲストは松永あかね・二ノ宮ゆい・日笠陽子大西沙織・逢来りんの5人というメンバーだった。天翔ひびき役の日笠陽子さんアリシア・シャーロット役の大西沙織さんは今回が『アイカツフレンズ!』のイベントに初登場だった。

5人の衣装はそれぞれのキャラクターのスタイルドレスであったのだが、天翔ひびき役の日笠陽子さんとアリシア・シャーロット役の大西沙織さんもスタイルドレス姿であったため、こちらも初披露となった。

トークパートは松永あかねちゃんと二ノ宮ゆいちゃん、逢来りんちゃんの『ラジカツフレンズ!』のパーソナリティである3人が司会で『ラジカツフレンズ!出張版』という形で、今回のイベントが初登場となる日笠陽子さんと大西沙織さんの2人に話を聞いていくという流れだったが、司会進行の3人よりも先輩でトークイベントに慣れている日笠さんと大西さんが終始、場の空気を掻っ攫っていった形であった。

 

【『みんなアイカツ!トークパートのレポート】

☆自身が演じているキャラクターについて

日笠さん「(スぺカツについて)これ、アイカツなのか!?っていうねw」

大西さん「日笠さん、ひびきを演じているのが楽しそうなんですよ」

日笠さん「ひびきは熱くてカッコいいキャラなんですけど、私の素に近いキャラクターですね」

大西さん「ちょっと聞いてくださいよぉ~!アフレコの本番の直前にですよ!?日笠さんが『大西って声だけは高貴だよね』って言ったんですよ!?」

日笠さん「wwwww」

 

☆アフレコ現場について

日笠さん「フレンズチームは皆、真面目だよね」

あかねちゃん「まだまだ覚えることが多いので、一生懸命なだけなんですよ~💦」

大西さん「こっちは日笠さんがよくふざけてるからw」

 

☆新曲「Be star」について

あかねちゃん「お気に入りの歌詞はありますか?」

日笠さん「『もう心配ないよ』というところがアリシアに向かって言っているみたい」

大西さん「『ここにいるよ』のところが切なさを感じますね。なんだかアリシアに訴えているみたいで~」

 

~ここで閑話休題

日笠さん「私と大西は同じ事務所なんですよ」

日笠陽子さんと大西沙織さんは同じアイムエンタープライズ所属。

大西さん「私は日笠さんと仲良くさせていただいていて…」

(大西さんの話を黙って聞いている日笠さんの方を見て)

大西さん「うん、って言ってよおぉ!!」

日笠さん「…うん!ww」←言わされた感満載な感じでw

 

日笠陽子さんと大西沙織さんへの質問コーナー

これは松永あかねちゃんと二ノ宮ゆいちゃん、逢来りんちゃんの3人がそれぞれ考えてきた質問を提示して、答える側が気に入ったものを選ぶという形なのだが…2人は最前周辺に座っている幼女先輩に選んでもらうという形を選択。

・日笠さんは逢来りんちゃんの考えてきた「宇宙人と会ったら何をしたい?」という質問に対して…

日笠さん「宇宙人か~。最初は敵対しそうだけど、お友達になって一緒にアイカツして踊りたいです!」

質問を選んだ幼女「…」

日笠さん「ねぇ!?聞いてる!?」

ここで会場が爆笑の渦に飲まれるww

 

・大西さんに対する質問は、これまた逢来りんちゃんの考えてきた「好きなアイスは何ですか?」という質問。

大西さん「私の好きなアイスはピノです!」

日笠さん「ピノってさ、ハートの形をしたやつあるよね。出たことある?」

大西さん「ないですね~」

日笠さん「あと、星の形をしたやつもあったよね」

 大西さん「それはあります!」

今度は大西さんから司会の3人に「皆はどのアイスが好きなの?」という逆質問。

あかねちゃん「私は…アレです!スーパーカップ!」

りんちゃん「私は何でも美味しく食べられるので、その時の気分で変えてますね!」

ゆいちゃん「私はレモンが入ってる…サクレです!」

 

【ここからはミニライブパート】

そんな感じでトークが終わり、これでイベントは終わりかと思いきや、ミニライブパートがあるということで今回はトークだけではなくライブも行われた。ミニライブパートのセットリストはこんな感じだ。

f:id:akira_forte:20190512225922j:plain

『みんなアイカツ!』ミニライブパートのセットリスト

 このセットリストを見てもらうとわかるのだが、題目となっている「ひとりじゃない!/Be star」のリリースイベントであるのにも関わらず、その2曲が両方共に披露がなかったのである。前回のラゾーナ川崎プラザの時とは違って今回は「Be star」を歌っている日笠さんがいたのにも関わらず、だ。これに関してはリリースイベントなのにその曲を歌わないのはどうなんだろうか?という気持ちと日笠さんの歌う生の「Be star」が聴きたかった!という気持ちにさせられてしまった。

イベント自体は楽しかったので、これ以外は文句はないのだが、ミニライブパートをやるならせめて題目となっている曲のせめてどちらかはやらないとリリースイベントの意味がないのでは?と思わされてしまったところは少し残念である。

ミニライブパートはこんな感じだったが、トークパートに関してはひびきちゃんやアリシアちゃんのキャラクターに関する話を聞けたり、声優さん達のアフレコ現場での話を聞けたので、こういうトークイベントはまた機会があったらやってほしいものだ。

光れ!輝け!かがやきのジュエルフェス

皆さん、おつか~!

 

今月の13日の土曜日ラゾーナ川崎プラザで『アイカツフレンズ!かがやきのジュエル』のスタートを記念したイベント「光れ!輝け!かがやきのジュエルフェス」が行われましたね。今回はそのことについて書いていこうと思う。

 

光れ!輝け!かがやきのジュエルフェス」ではBEST FRIENDS!のライブステージが行われたため、今回は私がLINEで組んでいるアイカツ!グループの仲間たちと一緒に会場に行くことになったのだが、その人数が今回は12人にも及んでしまった。

当日は前日に配布されていた優先観覧券(1枚につき2000円以上の買い物をする必要あり)を得ていなかったこともあり、一般観覧エリアの良い場所を取るために私と一緒に行動するメンバーには朝の9時にJR川崎駅に集合という形にしていた。場所取りの関係もあり、9時を過ぎても集合場所に来ていない人は待たずに置いていって、後で陣取った場所に来てもらうという形にしていたこともあり、私を含めた12人中、集合時間に間に合ったのは9人だった。

f:id:akira_forte:20190517010055j:plain

ラゾーナ川崎プラザの3階からの眺め

BEST FRIENDS!のライブステージは添付写真にもある2階ルーファ広場グランドステージ第1回目は11時30分から、第2回目のライブは14時30分からの2回にわたって行われた。私を含めた12人のアイカツ!グループは2回共にステージよりも上の3階エリアを陣取ってライブを観ていたぞ。

f:id:akira_forte:20190517010157j:plain

「光れ!輝け!かがやきのジュエルフェス」BEST FRIENDS!ステージイベント第1回目のセットリスト

第1回目のライブのセットリストは上記の通りだった。

1曲目からアニメ『アイカツフレンズ!』の新オープニングテーマである「ひとりじゃない!」が初披露された。しかも、フルである。

ここで衣装についての解説だが、あいねちゃん(松永あかね)とみおちゃん(木戸衣吹)、舞花ちゃん(美山加恋)、エマちゃん(二ノ宮ゆい)の4人は昨年の11月に東京ドームシティラクーアガーデンステージで行われたライブの時と同様にそれぞれの声を担当するキャラクターのブランドのプレミアムドレス衣装を着ていた。リフレクトムーンの2人とラブミーティアの2人、そして今回のライブで初のライブ出演となった春風わかばちゃん役の逢来りんちゃんに関してはスタイルドレスだった。

今回のライブでは初披露の曲や新曲が多く披露された。2曲目にはラブミーティアの2人が「プライド」を初披露していたが、2人の生歌による「プライド」は会場の空気を変えてしまうほどの迫力とパフォーマンスだった。

初披露の曲は5曲目の「セカイは廻る」と6曲目の「窓ーココローひらこう」もそうであったが、この2曲に関してはかがやきのジュエルに入ってから追加された新曲であるため、追加されて早々の初披露となった。

f:id:akira_forte:20190517010235j:plain

ラゾーナ川崎プラザを歩くペン様ことぺんね

今回は司会の綾見さんが注意事項をアナウンスする時に八景島シーパラダイスの時にも登場していたペン様ことぺんねがマスコット要員(?)として登場していたのだが、第2回目のライブの前の注意事項のアナウンスが終わると、どこかに移動するのかラゾーナ川崎プラザの2階をテクテクと歩くペン様がいたのだが、なかなかにシュールな光景であった。さらに道行く子供や大人に触られたり、一緒に写真を撮ったりもしていたため、グリーティングが発生していたのは見ていて面白かったぞw

f:id:akira_forte:20190517010304j:plain

「光れ!輝け!かがやきのジュエルフェス」BEST FRIENDS!ステージイベント第2回目のセットリスト

第2回目のライブのセットリストは上記の通りである。

2回目のライブは1回目のライブに出演していた舞花ちゃん役の美山加恋ちゃんの出演がなかったため、1回目の時に「個×個」だったところがエマちゃんソロの「おけまる」になっているのと、1曲目からラブミーティアの「プライド」でのスタートとなったことで、1曲目から会場の空気が変わってしまうことになった。これに関しては流石はラブミーティアといったところか。

今回はいつものようにライブが行われただけで終わらなかった。今回はライブ後にBEST FRIENDS!のメンバーから重大発表があり、なんとBEST FRIENDS!初のワンマンライブが決定したのである!日付は8月17日の土曜日で、場所はパシフィコ横浜国立大ホールとのこと。

パシフィコ横浜の国立大ホールでのアイカツ!シリーズのライブといえば、一昨年の3月25日と26日に行われた『フォトカツ!presentsアイカツ!ミュージックフェスタ2017』が記憶に新しい。今回のことからパシフィコ横浜の国立大ホールでのアイカツ!シリーズのライブは実に約2年と半年ぶりである。

今回のライブには天翔ひびき役の日笠陽子さんの出演がなかったため、このBEST FRIENDS!初のワンマンライブの出演陣にあるand more...の中に入ることを祈るばかりである。

f:id:akira_forte:20190517010347j:plain

ラゾーナ フルーツフェスのオブジェ

f:id:akira_forte:20190517010420j:plain

フルーツの自動販売機オブジェ

ライブ終了後は同日にラゾーナ川崎プラザで開催されていた「ラゾーナ フルーツフェス」で展示されていたオブジェやフルーツの自動販売等をこうして撮影してから、ラゾーナ川崎を撤収してアイカツ仲間達と一緒に筐体をやりに行ったり、カラオケをしたりと楽しい1日となりました。

この日に私と一緒に行動したり、会って話していただいた皆さんはグラシアス!つまり、ありがとうございました!(^▽^)

アイカツ!シリーズのライブが行われた場所 後編

皆さん、おつか~!

 

今回は前回に引き続き、アイカツ!シリーズのライブが行われた場所について紹介していくぞ。前回の記事に関してはリンクを貼っておきますので、こちらも合わせてご覧くださいませ。

akira-forte.hatenadiary.com

 それでは早速、今回もアイカツ!シリーズのライブが行われた場所を紹介していくぞ。まずはこちらの場所から紹介していこう。

f:id:akira_forte:20190517001813j:plain

東京国際フォーラム

f:id:akira_forte:20190517001957j:plain

東京国際フォーラムE2ホール

まず最初に紹介するのは、東京国際フォーラムだ。

首都東京の中心・丸の内に位置するコンベンション&アートセンター「東京国際フォーラム」は大小8つのホール、31の会議室、ガラス棟、緑が清々しい地上広場、ショップ、レストラン、美術館などから構成され、年間約2300万人が行きかう総合的な文化情報発信拠点。個性豊かなホールや会議室等では国際会議、式典、学会、展示会、コンサート、ミュージカル、ファッションショーなど、幅広いジャンルのイベントが年間約4千件開催され、様々な人々が集い、交流し、多様性に満ちた文化と情報を発信している建物である。
この東京国際フォーラムでは2014年8月16日~20日VR技術を使った『アイカツ!LIVE☆イリュージョン』が初めて行われた地であり、同時にアイカツ!シリーズの歌唱担当を務めていたSTAR☆ANISのライブが行われたという、二次元と三次元が同時に観られた場所だ。

アイカツ!LIVE☆イリュージョン』は有楽町にある東京国際フォーラムで行われた後は再演が『アイカツスターズ!イリュージョンShow Time』の公演と共に横浜にあるDMM VR THEATERで行われるようになった。そんなDMM VR THEATERがこちらである。

f:id:akira_forte:20190517002049j:plain

DMM VR THEATER

このDMM VR THEATERは映像にリアルな奥行きを作り出す「ホログラフィック」によるステージ演出ができる国内唯一の常設劇場だ。

このDMM VR THEATERの技術で特に『アイカツスターズ!イリュージョンShow Time』の時はアイドル達がまるでそこに存在しているかのような感覚を味わうことができた。

ライブが行われた場所からは少し離れたが、次の場所を紹介しよう。次に紹介する場所はこちらである。

f:id:akira_forte:20190517002221j:plain

富士急ハイランド

f:id:akira_forte:20190517002255j:plain

マッドマウス前特設ステージ

続いて紹介するのは、富士急ハイランドである。
この富士急ハイランドは私が行った場所の中では一番時間を掛けて行った記憶のある場所である。(車やバスでは2時間、電車のみでは3時間)

この富士急ハイランドは富士の裾野にあるアミューズメントパークとして世界一のアトラクションを多く備え、園内にはテーマパーク「トーマスランド」と「リサとガスパールタウン」も併設し、老若男女を問わず楽しめる遊園地だ。

ここ富士急ハイランドアイカツ!シリーズが5周年を迎えた時にその記念でコラボイベントが行われていた場所である。写真にあるマッドマウス前特設ステージでは、コラボ初日である2017年12月17日にアイカツ!シリーズの歌唱担当であるAIKATSU☆STARS!のメンバーがライブをしており、さらには2018年3月10日には『ラジカツスターズ!』の公開収録が行われた場所でもある。

f:id:akira_forte:20190517002342j:plain

AIKATSU☆STARS!FUJIYAMA LIVE!セットリスト

この『AIKATSU☆STARS!FUJIYAMA LIVE!』は当初、AIKATSU☆STARS!のメンバー7人とSTAR☆ANISのわか様という出演陣で発表されていたのだが、富士急ハイランドには観覧車「シャイニング・フラワー」があるということで、ステージシーンで観覧車が登場するソレイユのメンバーであるふうりさんとゆなさんがサプライズゲストとして出演し、リアルの「ダイヤモンドハッピー」が披露されたことは今でも印象に残っている。

f:id:akira_forte:20190517002424j:plain

東京ビッグサイト

続いて紹介する場所はコミケことコミックマーケットで有名な東京ビッグサイトだ。

ここでは2018年6月10日に「東京おもちゃショー2018」というイベントが開催されて、そこで『アイカツ!デビュー100万人突破記念♪BEST FRIENDS!ライブステージ』が行われたのだ。このライブステージでは湊みおちゃん役の木戸衣吹ちゃんはスケジュールの都合で不参加だったが、松永あかねちゃんと美山加恋ちゃん、そして二ノ宮ゆいちゃんの3人が木戸ちゃんのいない分も頑張ってステージをしていた姿が印象的だった。

f:id:akira_forte:20190517002621j:plain

f:id:akira_forte:20190517002506j:plain

幕張メッセ

続いて紹介する場所はこの幕張メッセだ。

この幕張メッセでは、アイカツ!シリーズ5周年を記念したビッグイベント『アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!』が2018年9月8日と9日の2日間、行われた。この『アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!』はトークあり、生アフレコあり、ライブありのまさにお祭りという感じに声優さんと歌唱担当が集まって行われたイベントであった。

この『アイカツ!シリーズ5thフェスティバル!!』は2日間で約50人以上の声優さんがいたことによる裏事情のためなのか、アイカツ!シリーズの大きなイベントではライブに分類されるのにも関わらず、イベントから半年以上経った今でも円盤化されていない(円盤化するのかどうかを公式がはっきりさせていない)ため、そういった意味では伝説のイベントとなってしまっている。

それでは次が最後に紹介する場所となる。最後に紹介するのは、こちらだ。

f:id:akira_forte:20190517012140j:plain

横浜・八景島シーパラダイス

最後に紹介する場所は横浜・八景島シーパラダイスだ。

この横浜・八景島シーパラダイスは、神奈川県横浜市金沢区八景島にある水族館・遊園地・ショッピングモール・ホテル・マリーナなどで構成した複合型海洋レジャー施設である。 

この八景島シーパラダイスではつい先日まで『アイカツフレンズ!×横浜・八景島シーパラダイス~ドキドキ☆冒険ハッケイ島!~』が行われていた場所である。こちらの詳細については、この前に書いた記事のリンクを貼り付けておくので、こちらをご覧くださいませ。

akira-forte.hatenadiary.com

ここまでアイカツ!シリーズのライブが行われた場所を前編と後編に分けて紹介してきましたが、皆さんが行ったことのある場所はあっただろうか?

こうしてみると、アイカツ!シリーズは今まで色々な場所でライブやイベントを行っていることがわかるため、これからはどこでイベントやライブが行われるのか楽しみである。

 

アイカツ!シリーズのライブが行われた場所 前編

皆さん、おつか~!

 

今回はアイカツ!シリーズのライブが行われた場所について紹介しちゃうぞ。

この記事で紹介するアイカツ!シリーズのライブが行われた場所は私が実際にライブに参加した場所を中心に紹介していく。まずはこちらの場所から紹介していくぞ。

f:id:akira_forte:20190517003230j:plain

パシフィコ横浜

f:id:akira_forte:20190517003453j:plain

パシフィコ横浜の国立大ホール

f:id:akira_forte:20190517003755j:plain

パシフィコ横浜の展示ホール

最初に紹介するのは、私が一番最初にアイカツ!シリーズのライブに参加した時に来た場所であるパシフィコ横浜だ。建物自体については前回や前々回の記事でも紹介したため、今回は省略させていただく。

このパシフィコ横浜は大きく分けて国立大ホールと展示ホールがあるのだが、国立大ホールでは私が初めて参加したアイカツ!シリーズのライブである「フォトカツ!presentsアイカツ!ミュージックフェスタ2017」が一昨年の3月25日と26日に行われた。展示ホールでは去年の8月25日と26日に行われた「ちゃおサマーフェスティバル2018『アイカツフレンズ!新フレンズデビューイベント』」のミニライブに私は参加した。

続いて紹介するアイカツ!シリーズのライブが行われた地はこちら。

f:id:akira_forte:20190517003904j:plain

f:id:akira_forte:20190517003843j:plain

クイーンズスクエア横浜

1つ目に紹介したパシフィコ横浜から歩いてすぐのところにあるクイーンズスクエア横浜である。このクイーンズスクエア横浜みなとみらい駅と直結しているため、みなとみらい駅で下車すればすぐ行ける場所にある。

ここのステージで行われたライブには私は参加したことがないが、ここでも過去に行われたSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!のライブのリストアップをしておくぞ。

クイーンズスクエア横浜で行われたアイカツ!シリーズのライブ一覧】

アイカツ!年末ミニライブ(2013年12月28日)

・Wonderful Summer Party(2015年7月26日)

f:id:akira_forte:20190517003951j:plain

ラゾーナ川崎プラザ

f:id:akira_forte:20190517004037j:plain

ラゾーナ川崎プラザ 2階ルーファ広場 グランドステージ

続いて紹介する場所がこのラゾーナ川崎プラザだ。

このラゾーナ川崎プラザJR川崎駅から歩いてすぐのところにある。ここではAIKATSU☆STARS!やBEST FRIENDS!のミニライブが何度か行われているため、そのイベント名と行われた年月日を記しておく。

 

ラゾーナ川崎プラザ 2階ルーファ広場グランドステージで過去に行われたアイカツ!シリーズのライブ一覧(一部を抜粋)】

・ヴィーナスアーク来航記念!デビューイベント(2017年4月16日)

アイカツ!フェス☆(2017年9月10日)

アイカツフレンズ!ファーストツアー 友だち誘ってどーんとコイッ☆(2018年5月5日)

 

このラゾーナ川崎プラザでは今月の13日の土曜日には「光れ!輝け!かがやきのジュエルフェス」が行われる。そこでBEST FRIENDS!のライブステージが行われるため、この日が空いている人は行ってみてはいかがでしょうか?

さて、どんどん紹介していっちゃうぞ。続いて紹介する場所はこちら!

f:id:akira_forte:20190517004222j:plain

東京ドームシティラクーアガーデンステージ

続いて紹介するのは、この東京ドームシティラクーアガーデンステージだ。

この東京ドームシティラクーアガーデンステージはその名の通り、東京ドームのエリア内にあるステージであり、ここでもアイカツ!シリーズのミニライブがいくつか行われており私もそれに参加しているため、私が参加したライブをリストアップしていく。

 

【東京ドームシティラクーアガーデンステージで過去に行われたアイカツ!シリーズのライブ一覧(一部を抜粋)】

・TVアニメ/データカードダスアイカツスターズ!』2ndシーズン挿入歌ミニアルバム「Fantastic Ocean」リリースイベント『Fantastic Summer Festival』(2017年7月8日)

・TVアニメ/データカードダスアイカツフレンズ!』新OPEDテーマ「そこにしかないもの/プライド」リリースイベント『一歩一歩ちゃんと前へ』(2018年11月23日)

 

私は上記の2つのライブに参加しているが、一昨年の7月8日に行われた『Fantastic Summer Festival』ではAIKATSU☆STARS!スペシャルLIVE TOURアイカツ!ミュージックフェスタinアイカツ武道館の開催が発表されたのだが、それ以上に印象に残ってしまった珍事件が起きてしまったのです。それが…

    ハッピー☆パンチで生バナナ事件

事件は『Fantastic Summer Festival』のライブの2回目公演の時に虹野ゆめちゃんの歌唱担当であるせなちゃんと、早乙女あこちゃんの歌唱担当であるみーたんことみきちゃんが「ハッピー☆パンチ」を歌っていた時に起きたのです。

私はステージに一番近い優先観覧エリアで観られる優先観覧券を得ていたということもあり、前から2、3番目の場所でライブを観ていたのだが、私の右隣のさらに隣くらいにいた人が「Oh, そんなバナナ」の歌詞の時になんとバナナを取り出したのである。まさかそれが本物のバナナだとは思っていなかった私は視界にバナナが入りつつもライブを観ていたが、曲がサビに入った時になんとそのバナナを食べ始めたのである。

これによって「ハッピー☆パンチ」を歌っていたせなちゃんとみきちゃんは笑いながらも歌うことになり、会場に来ていた観客のほぼ全員が爆笑の渦に飲まれてしまい、その日の優勝を掻っ攫っていってしまったのである。この『ハッピー☆パンチで生バナナ事件』は事件から2年が経った今でも鮮明に思い出せる珍事件である。

さて、そんな珍事件の紹介をしたところで次の場所の紹介に行っちゃうぞ。

f:id:akira_forte:20190517004258j:plain

TOKYO DOME CITY HALL

この記事で最後に紹介するのはTOKYO DOME CITY HALL(東京ドームシティホール)だ。この東京ドームシティホールは上で紹介したラクーアガーデンステージと同様に東京ドームシティ内にあるため、ラクーアガーデンステージから歩いて行ける場所にある。ここで行われたライブもリストアップ形式で紹介していこう。

 

TOKYO DOME CITY HALL(東京ドームシティホール)で行われたアイカツ!シリーズのライブ一覧】

 ・アイカツ!ミュージックフェスタ(2016年3月19日~21日)

アイカツ!ミュージックフェスタ for ファミリー(2018年1月8日)

・AIKATSU☆STARS! スペシャルLIVE TOUR『MUSIC of DREAM!!!』東京公演(2018年1月8日)

 

ラクーアガーデンステージに東京ドームシティホールと、ここまで東京ドームシティについて紹介してきたから、ここで東京ドームシティの最寄り駅を載せておくぞ。

続いてはアイカツ勢にとってはここ最近では最も印象深いであろう場所を紹介しよう。それがこちらだ。

f:id:akira_forte:20190517004343j:plain

日本武道館

6つ目に紹介する場所は、日本武道館である。

ここは去年の2月27日と28日にSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!がアイカツ!シリーズから卒業するライブとなったアイカツ!ミュージックフェスタinアイカツ武道館』が行われた場所である。ライブが行われた去年の2月27日と28日は火曜日と水曜日と平日ではあったものの、STAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!がアイカツ!シリーズから卒業する実質のラストライブということもあり、その日は仕事を休んだり、果ては会社を辞めてまで来た人がいたというのだから、アイカツの力の偉大さがわかる。

そもそも女児アニメのライブで日本武道館でライブをした作品はアイカツ!シリーズが初めてではなかろうか。それだけファンから愛されている作品であることがわかる。

 

アイカツ!シリーズのライブが行われた場所はまだあるので、紹介していきたいところだがこの記事だけに収めるととても長くなってしまうため、この続きは後編にて!